工業用めっき【硬質クロム】のページです。

硬質クロム

硬質クロムめっきは、多くの機械的特性をもつ代表的な工業用めっきであります。使用目的が装飾以外のもので、比較的厚い(JISでは5um以上と規定)めっきを工業用(硬質)めっきと呼び、とくに潤滑油等の保油性を要求される場合は、表面が多孔質なポーラスクロムめっきが活用されます。

【イメージ】:硬質クロム

特長および特性

素材との密着性が優れている

素地に直接、密着性の良好な分厚いめっきを均一に施す――というのが、工業用(硬質)クロムめっきに要求される基本的な条件であります。そのため、めっき操作は他のめっきとかなり趣きを異にし、めっき前後の処理工数を多くわずらわすものとなります。

皮膜の各種耐性が大きい

  • ①高硬度・・・通常の電気めっきの中ではもっとも高硬度で、熱処理鋼、窒化鋼などより遥かに硬度が高い。
  • ②耐摩耗性・・・クロムめっきに要求されるもっとも重要な基本的性質であり、きわめて良好である。
  • ③耐熱性・・・通常300℃以上の加熱に達すると皮膜中に吸蔵されている水素の放出が起こり、硬度が低下するので、耐摩耗性を維持する方法としてはクロムめっきの水素除去作業が必要となる。この作業は150〜200℃/1〜4時間の処理で完了し、硬度の変化は見られない。
  • ④耐食性・・・塩化物以外の化学薬品に対して安定的であり、大気中でも30um以上の厚さをもつ皮膜は比較的良好な耐食性を示す。

仕上げの光沢は自由

クロムめっきは素地の粗さを平滑にする作用はないので、めっき前に素地仕上げを行うことが大切であります。光沢仕上げは鏡面の場合、1.0s〜0.3s(特殊品)までと幅広く、また艶消し、白ヅケなど用途により様ざまなニーズに応えられるよう、当社では技術と設備に万全を期しております。

幅広い素材に対応できる

鋼鉄、銅、真ちゅう、ベリリューム、ZAS、ホビング材、電鋳、鋳物、ステンレス、アルミ材など。

工業用クロムめっきの用途例と最小めっき厚さ

区分 用途例 最小めっき厚さ(mm)
ロール 高分子化合物用
製紙用
紡織用
鉄鋼加工用
非鉄金属加工用
一般機械用
0.02
0.03
0.02
0.05
0.03
0.02
金型 プラスチック成形用金型
ゴム成形用金型
一般打抜及び成形用
ガラス成形用
医薬品・食品用
鍛造用
窯業用
0.01
0.02
0.03
0.05
0.02
0.05
0.05
シリンダ及びライナー 油圧機器用(特殊用途)
水圧・空圧・油圧機器用
ガソリンエンジン用
ディーゼル及びガスエンジン用
0.05
0.03
0.05
0.1
ピストン及びピストンロッド ポンプ用
油圧機器用(特殊用途)
油圧・空圧機器用
一般機械用
ディーゼル及びガスエンジン用
ガソリンエンジン用
0.02
0.05
0.02
0.02
0.1
0.02
ピストンリング ガソリンエンジン用
ディーゼルエンジン用
0.05
0.07
工具 切削用
計測用
0.003
0.003
シャフト及びジャーナル 一般機械用シャフト
内燃機関用シャフト
一般用ジャーナル
0.02
0.05
0.05
その他の機械部品 紡織機用部品
エンジンバルブ
一般機械部品
0.02
0.01
0.02
写真及び印刷用品 ヘロタイプ
フィルム加工用
印刷用ロール及び板
0.005
0.01
0.005

工業用めっき

ご相談・ご質問はお気軽に

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ 048-281-4182

営業品目

  • 工業用硬質クロムめっき加工
  • 無電解ニッケルめっき加工
  • 無電解ニッケル・クロムめっき加工
  • 各種機械部品製作・研削・研磨加工
  • 各種電気めっき・電解研磨・化学研磨加工
  • 油圧ASSY再生・修理加工
  • めっき付シャフト加工販売